施設一覧へ戻る 所在地で見る

知的障害者入所授産施設
社会福祉法人・秋田福祉協会 小又の里
 
〒010-0132
秋田県秋田市上新城小又字落合85番地
TEL 018-870-2361 FAX 018-870-2372
  omatanosato@sea.plala.or.jp
 
入所 50名
ショートスティ 4名
佐藤 隆志
生活・作業指導員12名
看護師1名 栄養士1名
調理師4名 介助員1名
事務員1名 現業員5名
   

  18歳以上の知的障害者で(15歳以上でも可)、雇用されることが困難な方に入所していただき(ショートスティを含みます)、 自活に必要な職業・生活支援を行い、自活していただくことを目的としています。
     
  知的障害者が、働きながら自立した生活を継続することができるよう授産施設を整備して、「生活面の支援」「福祉的就労の支援」「一般就労移行の支援」など入所利用者の個人特性を尊重した支援計画のもと、必要な支援、訓練を行うとともに、知的障害者の福祉の向上を図ります。
     

 

1.利用者への処遇
 利用者と職員の人間的なふれあいを基盤として、障害の程度、身体の状況や個性、能力に応じた支援計画に基づいた支援・訓練を行い、地域生活移行による自立の促進を図るとともに、自らの生きる喜びや働く楽しみが得られるよう個々に応じた福祉的就労、一般就労への支援を行います。
2.授産事業計画
 社会就労センターの設置目的を踏まえ、設置されている就労科目の体系の中で各科が相互に協力し、事業の効率的かつ合理的な運営を図ります。
 また、社会資源・ネットワークの活用による施設外作業、職場実習に積極的に取り組み、利用者の就労の支援に努めるとともに、事業発展のための新しい作業項目を開拓します。
3.作業支援計画
  利用者個々の能力、障害の程度に応じて作業種目を選択し、支援計画に基づいた規律ある労働環境のなかで、働くことの尊さ、楽しさを実感として体得しながら、作業意欲、作業能力の向上と作業技術の習得を図れるよう支援しています。
 さらには、職業人としての職業観の樹立、社会性の伸長を図れるよう施設外実習も取り入れていきます。

   
  畜産科:肉牛肥育、鶏飼育
園芸科:花栽培、野菜栽培
農林科:椎茸栽培、農産品加工、山菜取り
木工科:ガーデニング商品ほか木工商品の製作
縫製科:エプロン、パッチワーク、染色
解体科:遊戯台の解体
   
【畜産科:肉牛肥育】 【畜産科:鶏飼育】 【園芸科】 【農林科】
【木工科】 【縫製科】 【解体科】